リアップは成分が浸透しにくい

薄毛の悩みを改善したいと考えた場合に有効な育毛剤として有名なのが、リアップです。
リアップには、毛母細胞を分裂させる働きがある事で有名な成分、ミノキシジルが配合されており、頭皮に直接つける事で、髪の成長を促進させる働きを期待する事が出来ます。
直接、頭皮につける事になるので、確実な効果を期待する事が出来ると考える人は少なくありませんが、リアップは浸透率が悪く、効果を期待し過ぎる事はお勧めできません。
それに対して、内側からしっかりと髪の毛に良い状態を整えていく効果のある薬が、プロペシアです。
プロペシアは、抜け毛の原因を作る男性ホルモンの分泌を抑制する働きがある内服薬です。
市販されておらず、日本でこの薬を使いたいと考えたら、AGA治療を行っているクリニック等に行き、処方をして貰う事になります。
薄毛に関する治療は、美容目的にあたる為、健康保険が適用されず、治療には1ヶ月1万円前後は必要になってきます。
更に、数日服用した程度では、効果が出ず、半年程度は服用を続ける必要があります。
その為、プロペシアは高い、続けるのが大変と感じる人も少なくありませんが、髪の毛が抜けやすい原因、育たない原因を抑制していく事が出来るので、より高い効果を期待する事が出来ます。
金銭的に続けていくのが大変と感じる場合、個人輸入をする事で、クリニックで処方をして貰うよりも安く購入をする事が出来る事でも、高い注目を集めています。
ただ、いきなり個人輸入をするのではなく、まずはクリニックで現在の髪の毛の状態をしっかりと診察をして貰い、薄毛の原因を確認し、プロペシアが症状改善に効果的な薬かどうかを、確認した上で行う事がお勧めです。