血液の汚れがAGAの原因?

男性脱毛症として薄毛の髪の状態を示すAGAは、ここ数年若い世代の男性を含め増加傾向にあると示唆されます。
その原因として普段の行いや生活が大きく影響していることが指摘されます。
なかでもタバコによる喫煙はAGAを招くリスクを大きく高めると危惧されていますが、なぜこのタバコがAGAの原因として結びつくのかは血液の汚れと密接に関係していることが挙げられます。
タバコによる喫煙は血液の流れを悪くする血行不良を引き起こします。
これにより髪が育つのに必要な栄養素は血流の悪い状態ではスムーズに運ばれずに、栄養が不足した状態を招きます。
特に喫煙は血液自体を汚す深刻なデメリットをもち毛根に蓄積されることが分かっています。
毛根に蓄積された血液の汚れは髪にダメージを与え髪を弱らせます。
これにより抜け毛や薄毛といった症状が引き起こされる要因が発生します。
プロペシアは飲む育毛剤と例えられAGA治療に有効な効果をあらわすことから世界各国でAGA治療に用いられています。
データによるとAGAの男性の約70パーセントから80パーセントの人が効果を期待できるプロペシアの高い実感性は、6か月以上しっかりと服用することが大きなポイントになります。
プロペシア服用から約3か月から4カ月で早くも効果を実感することができますが、3年間服用し続けることで約98パーセントのAGA患者に有効な結果をもたらす証明により、継続服用はその効果のパワーをさらに高いものにすることが可能です。
プロペシアはDHTの産生抑制に優れ髪のサイクルの成長期を伸ばします。
また休止期の毛穴にも働きかけ毛髪の成長を促します。
太く長い髪を作り育毛効果に多大な力を発揮します。