リアップより効果のあるプロペシア

薄毛で悩んでいる人は世の中にたくさんいますが、その薄毛のタイプのほとんどの人は男性型脱毛症であると言われています。この男性型脱毛症はAGAと呼ばれていますが、およそ20代後半から30代くらいから徐々に頭髪の一部が薄くなっていくという症状です。そして、最終的には頭部にある一部分の髪の毛が完全になくなってしまいます。
そこで、最近ではAGA治療として、リアップと呼ばれる育毛剤を使用する人も増えてきました。このリアップには、育毛に効果があるといわれているミノキシジルと呼ばれる成分が含まれています。このリアップを頭皮に塗ることによって、頭部の血行がよくなり、髪の毛の成長を促すのに効果的であるといわれています。
しかし、最近の研究において、AGAの根本的な原因は、男性ホルモンの一種である酵素の働きによるものであるということがわかってきました。ですから、リアップだけでは、AGAを改善させるには難しい面もあるということです。
そこで、AGAに効果的な薬としてプロペシアと呼ばれる薬を治療に用いる病院が多くなりました。このプロペシアは、AGAの原因となっている酵素の働きを弱める効果がありますから、髪の毛の成長を阻害していた因子を取り除くことができるということになります。ですから、プロペシアはリアップ以上に薄毛に効果的であるということが言えます。
最近のAGAの治療としては、このプロペシアを服用して、さらにリアップなどのミノキシジル成分が含まれる育毛剤を併用して治療を行うケースが多くなってきています。この両方を同時に使うことによって、身体の内部と外部から頭髪の成長を促進することができると考えられています。

<プロペシアのご購入はこちら>
プロペシア
<プロペシアのジェネリック医薬品>
フィンペシアは費用削減に最適!